天職創造セミナーに参加して感じたこと

Pocket

この投稿は『本当の仕事 Advent Calendar 2017』一日目のエントリです。
「天職創造セミナー」
その名前を聞いたのは認識したのは数年前。
たぶんそれ以上前から知っていたと思うけど、全然意識していなかった。

「天職創造セミナー」とは、「本当の仕事ワークショップ」の元となる
よく生きる研究所 代表 榎本英剛 さんの開催していた、
仕事に関するセミナーです。
知り合いが何人も参加してたのを、
ちょこちょこ facebookの投稿で見てたものの、
なんかに参加しているんだろうなぁ。
そんな気持ちで眺めていたくらいだった。
でも、そんな興味ないと思ってはいても、
急に、興味が出てくるタイミングが来るものなのです。

なぜかはわからないけど、
2016年12月の回への申し込みを
9~10月には参加しようと思ったのであった。

実は、こういう感覚って、
CTIのリーダーシッププログラムを受講しようとした時も一緒で、
なんとなく、参加することが当たり前のような感覚があり、
その時は躊躇無く参加申し込みをしてしまう。
なので、理由を聞かれても答えられない。

そんな天職創造セミナーを受講したら、あれよあれよという間に、
本当の仕事ワークショップ認定リーダートレーニングまで受けてしまっている。
そのうち、自分が本当の仕事ワークショップを開催する日がくることでしょう。

そんな感じで、物事が進むときは、あっという間に進むものだ。

そんなことを考えつつ、天職創造セミナーを受講して得たものを考える。
去年12月、藤野で開催された天職創造セミナーに参加した。

受講した後に感じたことは、

ワクワクした仕事をしている人が増えると、世の中はもっと面白くなる

ということだった。

こんなこと好き、やりたいって言ってもいいんだ。
もっと楽しいことやっていいんだ。
と純粋に思ってしまった。

例えば例を挙げると
・たき火をする。
・たき火の周りで、ウィスキーを飲む。
・パワポでイラストを描く。
・ねこと遊ぶ。
・そして、家族の関わりを考える。

言ってみるとたいしたことないことも多い。
でも、そんなたいしたことないことでも、
やりたいと言ってしまえば、むっちゃ楽しいやりたいことになる。

誰がなんと言っても、やってしまえ~。
それが仕事だったら。
そう考えただけで、とてもワクワク感が沸いてくる時間だった。

それ以前は…。

ついつい悲しみに対して寄り添ってしまっていた。
なので、ついつい悲しみに寄り添って、解決したいという方向に
気持ちが向かってしまう。

なので、

 自分のやりたいこと=何かを解決すること

だったのであった。
なので、何かを解決したいという仕事を選ぶ傾向にあったと思う。

でも、そういう人かと思っていた自分には、
こういうこともやりたいんだ。
楽しさから湧き出る純粋欲求があることもわかった。

多分、こんなことはたいしたことないという
蓋を自分にしていたんだと思っている。

なので、もっと、そういう気持ちの仕事を考えていきたい。

元々人には、そういうことを考える力が備わってると思う。
でも、日常を過ごす中で、無視していることでもあると思う。

だからこそ、自分のやりたいことを純粋無垢に考える時間は
必要だと感じている。

天職創造セミナー参加後、
本当の仕事ワークショップ認定リーダーの道を歩み始めている。

もっと純粋なやりたい気持ちであふれる世の中は、
幸せな人が増えるだろうと考えている。

もっともっと、自分が心からやりたいことをもっとやっていく。
自分も含め、そんな人を増やすお手伝いをしていきたいと考える。


『「私たちは○○な家族」です』と宣言してもらうコーチング。
家族コーチングのお試しとしていかがでしょうか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください