満員電車をマインドフルネスでゆったり通勤

Pocket

満員電車にって乗りたくないですよね

停車してドアが開く度に降りて、乗れるかわからないなかまた乗り込んで、
奥の方に入ったら入ったで、やけに押し合いへし合いの連続になったり、
満員電車に乗るだけで、その日の仕事が終わった気になってしまいます。

さて、そんな満員電車、
できるだけ無駄な力を使わず乗ってしまいましょう。
ということを考え実践中。

その方法は、
満員電車でマインドフルネス瞑想を取り入れると言うこと。

マインドフルな状態を意識するのは、瞑想中だけではなく、
普通に座っているときはもちろん、歩いているときや食事のときもできます。
なので、普通の状態のマインドフルネス瞑想が出来る方は
満員電車の中ででも出来るんじゃ無いかと思います。

マインドフルネス瞑想。
マインドフルネス瞑想は、Search Inside Yourself が有名なのかな?
今その一瞬一瞬を意識する瞑想といえばよいんでしょうか。
でも苦手な人は、集中型瞑想でもよいと思うんですよね。

そんなマインドフルネス瞑想、
電車乗って移動が無くなったら、すかさずやってしまいます。
瞑想するには固定された時間が必要なんてことは考えない。
揺れに対応するため吊り輪をつかんだりして、
身体がリラックスする体制をつくってしまう。

そして、目をつぶり瞑想する。
今の自分の頭に浮かんで来たことは一瞬気にとめて、流す。
ボディーサーチもしながら自分の体に起きていることを確認。

ボディーサーチで圧を感じたら、その圧から逃げつつ、
マインドフルネスを意識する。
そのうち、吊り輪と自分の境目が感じられなくなってきたりする。

そんな時間を過ごしながら、目的駅についたら
目的駅に着いた時には、
朝から無駄な押し合いへし合いを回避して、
自分の体力を守りつつ、頭をスッキリできているのです。
もちろん、必ずではないけども。

マインドフルネス瞑想を意識して
ゆらーりゆらーりとすることで、
満員電車でも、いい感じに過ごすことができます♪

スマフォを操作したりしてないので、
脳もゆったり休憩状態でOK。

満員電車でも、体力、脳力をキープしつつ、
過ごせてるなぁ。
そんな感じがしますよ~♪


『「私たちは○○な家族」です』と宣言してもらうコーチング。
家族コーチングのお試しとしていかがでしょうか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください